こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

吹奏楽コンクール~備忘録~

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

吹奏楽と仮成績(中2)

koharu
asuka

よいよ吹奏楽コンクールの夏が開幕しますね。
今日も、くったくたになって帰宅しました。
本日、最終コンクールメンバーが発表され
クラリネット2ndとして舞台で演奏します。
先輩の音色に合わせるように、メーカーの違うクラリネットに持ち替え
あまりにも吹きづらく、思うように音が出せず
あんなに大好きなクラリネットを、投げつけそうな衝動さえあったほど....
その背景に、そばに1年生がいて、リードミス連発の自分の演奏が
悔しくて悔しくて....
「もっと吹けるのに.....」そんなプライドもあったのかもしれません。
それでも、ようやく相性もよくなり、
自分の楽器のように演奏できるようになりました。
今は、その音色が好きになったようです。
一緒に練習した1年生もステージに!!!
さあ、追い込みです。みんなの音色を一つに!!!
サポートがんばるぞ(0'v'0)♪


夏休みに突入した、中2 あすか。
もちろん、毎日部活でお弁当持ち。お休みモードはまったくありません。
2期制ですので、成績もなく、夏休み明けに前期期末テストが控えています。
手元には、おかあちゃん愛読紙「前期期末テスト範囲表」も届いています(笑)
もれなく、夏休み=テスト勉強期間
この期末テストを加えて、前期の成績が決定。

ですが、仮成績ならぬものが三者面談で.....
「見たい?」
と、お伺いの担任の先生(笑)
「はい。」
ドキドキのあすか(笑)

パッと見て暗記しやすい仮成績表
オール4....んっ!? こんなところに
って感じでした(0'v'0)♪
さてさて、踏ん張りが必要とあすかも感じたようです。
本当に頑張っているのですが、なかなか思うように伸びない成績です。

それでも、可能性ポイント発見
どの教科も観点別でBがついている部分が(-ω-)/
つまり共通して苦手な観点がある!
つまり、その苦手を克服したら( *´艸`)⤴単純志向(^^;

それは、表現の部分なんです。
授業中の発表や文章表現。

どうしても自分の気持ちを話したり書いたりするのが
苦手....というか正解を求めてしまうというか
どう思われるか気にしてしまうというか....
自信がない部分もあり....
思いはあふれていてるのにそれを表出できない あすかなのです。
それが、授業やテストにも.....
自分と向き合うのは大変です。

それでも、自分の性格がそのまま成績表に表れていて
少し感じるものがあったようです。

「もっと思い切ってやってみていいと思う。
あすかさんの思いっていることを、行動にうつしたり
気持ちを伝えてほしいって思う。
人と違うって思う瞬間もあると思う。
でも、逆に『違う・変』って言われたらワンポイントゲット!
ってくらいの気持ちでいいと思うよ。
良さをもっと前に出したら、ものすごい可能性を秘めてるって
私は思っています。」
そんな担任の先生の言葉でした。

時に、だんまりになってしまう あすか。
ちょっと自分と向き合う夏休みになりそうです。



オープンキャンパス通信①

photo
e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s.jpg


日、志望大学のオープンキャンパスに足を運びました。
今のところ、自宅から通える範囲内の大学を考えている ちはや。
それでも、やはり通学時間は長くなるのは必須ですね(^^;

今回は、第一志望大学の学科説明会。
大学には、たくさんの学部があり、さらに学科があり....
そんなとき、ピンポイントで説明会を開催してくださり.....
つまり、そこで出会う生徒さんは、みんな同じ道を考えている人で(苦笑)

割合的には、3年生が7割で、1・2年生が3割って感じでした。
今回のプログラムは、
①学科入試説明会
②専攻ごとの模擬授業(二コマ)
③希望専攻の体験授業
④先生・先輩とのなんでも質問・相談会

と、盛りだくさん。
③になれば、さらにともに学ぶかもしれない仲間(ライバルさん)です。

30年度から入試制度が変わり
足を運んで初めて知る情報もありました。
ちはやは、31年度入試なので、一年その動向を見ることができます。
おそらく倍率も大きく変化しそうな予感です。
それでも、夢は確実に広がります。
その1つ1つを、まったくわからない人目線で丁寧に説明してくださり
ちはやと大きくうなずいておりました。よーーーーーーくわかりました。

模擬授業も、ちはやの希望専攻とは違う授業も体験。
それでも、それぞれすべて”つながっている”
それぞれの学部・学科・専攻が力を集結して、誰かを支えることができる....
と、いうことを実感できた時間でもありました。
これから学ぼうとしていることが、どんなことなのか
授業の先に見える自分の姿などを想像して
わくわくの模擬授業でした。あっという間に時間が過ぎ
「夢中になった。もうおしまいなの??」と
保護者も一緒に授業を受けるシステムだったので楽しかったです。

希望専攻ごとの体験授業は、迷わず「夢」の専攻をえらびました。
先輩方がスタンバイして、4つの場を用意していただき、
順番に体験。先輩や先生方との関わりもまじかに感じることができました。
私も、そばにいた先生に声をかけ色々質問。
のちに ちはやに
「私が、ドキドキしながら体験して、心の中で【おかあちゃん見て!!】って
叫んだら、おかあちゃんたら、先生とめちゃくちゃ楽しそうに盛り上がっていて...
どっちが受験するんだか...(-"-)」
と、つっこまれちゃいました(笑)
先生方も熱く語ってくださりうれしかったです。

大きなホールや体験の場では、なかなか質問できない生徒さんたち。
でも最後の部屋では、先輩を取り囲んで、たくさんの質問をすることができました。
こんな質問でいいのかな...なんて思う質問も
ずっと気になっていた質問も
不安や迷いの混じった気持ちも
勉強法や、推薦、面接についても....
丁寧になんでも答えてくださったそうです。

な!なんと!
ちはや高の先輩も今回説明会メンバーに選ばれていて( *´艸`)
学校での勉強と受験勉強の取り組み方.....
教科選択のやり方など.....くわしく教えていただきました(0'v'0)♪

生物
ものすごく使うそうです。
「できるならば、とったほうがいい。」
が先輩の素直な気持ちだそうです。
先輩は、生物を取らずに入学して、最初はついていくのが大変だったそうです。
それでも、一緒に学ぶ仲間に教えてもらったり、支えもらい
遅れた時間を取り戻すかのように教科書を読みこんだそうです。
「その気になれば、本気になれば、必死になれば、追いつけるよ(0'v'0)♪」
その表情は、とってもキラキラしていたそうです。

先輩方みんな輝いていて
一緒にもっといたい!!!一緒に学びたい(0'v'0)
そんな気持ちになれたようです。

「次は、8月に。」
そういって大学を後にしました。


さて、私立大学も動き始めないとな....
たくさんある分、たくさん足を運んで「ここっ!」って思える場所を
見つけなくちゃ♪♪

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

にほんブログ村 受験ブログへ

三者面談~古典と生物~

a682cbe9e379dbd7931c8ebd823023cc_s.jpg


日、高2ちはやの三者面談がありました。
前日に、進路について共通理解をして(笑)
選択科目も確認して.....ちはやの思いをきき
いざ高校へ(0'v'0)♪

気持ちよい挨拶をあちこちで交わしながら教室へ。
本当に、みんな挨拶が爽やかです。
男子君も、さわやかです

クラスでの様子を聞かれ、
勉強に追われながらも楽しく過ごしていることを伝え
先生からは、日々、こつこつ努力をしていること
笑顔で過ごしていることを(0'v'0)♪
さまざまな教科の先生からの一言メッセージのようなものもあり
たくさんの先生に支えられている事を実感しました。

中間考査の成績表。各教科の偏差値、学年順位も教えていただきました。
「数学は、努力のたまもの....です。と話されてましたよ。」
と.....(0'v'0)v 先生方本当に直撃質問女子にお付き合いいただき
ありがとうございます
全教科まんべんなく、おさえることができました。

志望校も、第一志望の大学で現時点ではいいのでは....と
決めちゃっていいんじゃない~ってくらい押していただけて
うれしく思いました。
まあ、ちはやは悩む女なので
そう簡単に「ここにします!」とは言えないのですが
たくさんの生徒さんを見てこられた先生からの言葉は
やっぱり心強かったですね。

その後、3年生での教科選択の話になりました。
ちはやは、国公立文系を希望しています。
センター試験科目を加味して、いっぱい悩んで決めた教科選択。

先生も
「文系では、王道のセレクトですね(0'v'0)♪
これでいいと思います。」
と、太鼓判を押していただき、ほっとしていると.....

「ただ........」

ただ??????

「(日本史の)〇〇先生が、生物はとらなくて大丈夫かと....」

せっ・生物??????

受験科目に、生物基礎はありますが、それは1年次に学習しているので
センターも、それで対応できる(ひたすらコツコツ)

「生物ですか?」
「ちはやさんが、希望されている大学は生物の内容が必要となります。
その時、生物を学習していないと、授業が始まったとき.......」

にゅ・入学後の話?

確かに、ちはやの希望大学は、理系よりの文系で
文系で受験できるものの、
入学後は理系学習も多いのはカリキュラムを見て感じていました。

「もちろん、受験科目ではないので、今のままで十分なのですが
入ってからのことを考えると、可能なら受けておいたほうか......」

しかし、教科選択は 限られており.......
生物を入れるなら、どう考えても古典と交換になりそうで......

「まあ、受験が終わってから、ひたすら読み物のように
生物の教科書を読み込むことも可能なので、よく考えて最終決定してください。」

今回は、王道の選択で提出しました。
まずは、合格することが目標ですので......

先生は、推薦も視野に入れて話してくださったのか?!
希望大学に進学した、先輩方の言葉なのか!!

志望大学のオープンキャンパスに足を運んだ時に、
この「生物」の謎を解き明かせたらと思います。

ちはや自身も、化学基礎ではなく
「大学に入ったら、生物と物理が必要になるから、
生物基礎と物理基礎でいく........」
と、話していたので、先生の言葉には納得しているようでした。

入学した後のイメージ
これも大切なのかもしれませんね。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ

にほんブログ村 受験ブログへ


めざす進路(高2)~備忘録~

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

該当の記事は見つかりませんでした。