こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

誰かのために

6frfLrIn.png

「先輩たちにいい演奏をおくりたい。」

色んなことで、忙しくなってパニックになりそうなときの”おまじない”の言葉
今の、ちはやを動かす原動力。

ちはやの学校は、文化祭が先輩の卒業定演なんです。
全校生徒に、吹奏楽部の演奏を届けます。
5~6曲のステージ。

昨年は、ちはやも私も初めてだったので
「文化祭の中の出し物の1つ」と とらえていました。
必死に練習していたことは変わらないけど、自分のためにがんばっていました。
でも、一度あの舞台に立ったとき(観た時)
「部活引退」「部活卒業」のステージなんだ....と実感。
3年生のソロでは、同じ学年の友達が、声をそろえて名前をコール。
大きな拍手に包まれました。

あれから1年
2年生になった ちはやは「先輩のために」という気持ちが生まれました。
最高の演奏で送りたい。
そのためには、自分が必死に練習して、いい音にする。
1音1音。先輩の音に重ねて....
それが、自分にできる一番の感謝の気持ちだって思っているようです。
先輩がいい演奏をするために、自分たちも音を作っていく。
そんな思いがあふれているそうです。

「ちはやちゃん。この曲の1st クラリネット たのんだよ。」
と、手渡された楽譜。

クラリネットの伝統。
文化祭で、2年生が1曲 1st を奏でる。
部員が少ないため、クラリネットは各学年1名ずつ。
1st(3年) 2rd(2年) 3rd(1年)で、編成されています。

ちはやにとって、1st を奏でることは、喜びでもありプレッシャーでも...。
でも、その練習に向かう一生懸命さは
みている私たちにも伝わってきます。

誰かのために....自分を磨く

今まで指導してくださった先輩に
成長した姿を見せたい。今できる1番の音を奏でたい...。
そんな思いで、舞台に向かうそうです。

部活動を通して、成長したなって思います。
大切な気持ちが、育ってきています。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。