こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

ちんたらさん出現

「あ~面倒くさいよ~。」

宿題が、ドリル3ページ。
1ページに、20問。20×3=60問。
単元は、分数のたし算とひき算
分母の違う分数の計算(約分なし&あり)

分母の最小公倍数(通分)を求める作業もあり、
さらに計算&約分もありで...
....となると「めんどうくさい病」が発症

めんどうくさい病を発症すると、あすか=ちんたらさんになります。
もともとは、ものすごい集中力の持ち主なのですが
やりたくない的な雰囲気を自分で持ってしまうと
ともかく「ちんたらちんたら...」学習します。

1問解いては、ため息をついたり
まわりのものを触ったり。
1問解いては、トイレに行ってみたり
1問解いたら、手の爪が伸びていることが気になって
「切って~」と爪切りを探したり....。
なかなか進みません
できない・わからない問題であるのなら、手助けできるのですが
やればできる問題なので......私も、じっと我慢でございます。
自分で、気持ちを切り替えるのを待っているのですが....
まあ、見事なまでのちんたらさん。

20問に、どれだけの時間がかかっているのでしょうか!!!

しまいには、この60問の分配を始めております。
「今日、30問で、明日30問にしようかな~。」
「でも、明日ってお出かけする?じゃあ、全部やったほうがいいよね。」
「でも、こんなにいっぱい無理っぽいし~。」
と、くどくど申しております。

私、聞いておりますが、別のことを必死にやっておりました(苦笑)

その気になれば、60問は ちゃちゃっとできるんです。
それを知っている分、ついつい言いたくなりますが
私に言われたから、気持ちを切り替えるのではなく、
できれば自分で気持ちを切り替えることができるようになってほしいんです。

小さい頃から、叱られたとき
自分で復活できず、必ず私や主人の言葉を待っていました。
自分から話す(気持ち)ことができず、だんまりだった あすか。
イライラの気持ちも、自分で少しずつコントロールできたらな。。。。。

以前、観た映画のワンシーンで
おばあちゃんが、お孫さんに話した言葉が今でも耳に
「泣きたい時は泣いてもいい。でも、自分で泣き止める女になりなさい。」
と。すごく心に残っています。

今日は、途中から少し復活したのですが
なんともまあ、時間がかかります。ちんたらさん。

布団に突っ込んでいって~枕に顔をうずめて

「あーーーーーーー
と、叫んでありました。

しんどそうですが、見守りのわたくしでございます。
口を出した方が、早期解決なんですが....。
今の時期だからこそ、自分で考え動く力、気持ちをコントロールする練習を
積み重ねてほしいと思っています。

小学校5年生。
思春期&反抗期に、突入のお年頃。
どんとかまえる おかあちゃんになりたいな~。

あっ!この日記を書いている時点で、30問解き終わっております

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。