こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

通学時間の落とし穴

落とし穴....
なんて大げさですが
「ねえ!そういえばさ!!!」

って、我が家で話題になったお話を ちょこっとご紹介

高校選びの中で、通学時間は、ちはやにとっては重要問題。
電車に乗るケースも、上りか下りか.....なんても頭をよぎるくらい(苦笑)

ちはや、その高校の始業時間を確認し、その20分前には到着。
って考えていたようです。
それで、家を出る時間や帰宅時間を考えていました。

ふとした会話の中で
「ねえ、もしさ朝練があったら.....どうなる?」

そうです。朝練!!!
ちはやは、部活には100%所属するつもり。
勉強と部活動を謳歌する。それが高校生活のイメージ

となると、さらに登校時間が早まるということです。
何気ないことだけど、
うっかりすると大変なことに.....と思いました。
(朝の数分はものすごく貴重ですから)
さらに
「あいさつ運動」とか「朝清掃ボラ」とか、活動があったら。。。。。
さらに、合唱祭の時期の朝練.....(ちはやイメージより)
通学時間を考えるとき、朝練・活動も視野に入れて計算しなくては.....
と、思った我が家でした。

今の所、
公立高校第一志望も私立高校志望校も、1時間以内。
バスや電車の乗り継ぎになりますが
運行経路も比較的落ち着いている感じ^^
中学の開校記念日の日に、実際の登校時間に合わせて
「志望校体験にいってみよう。」登校編
も計画しています。
電車に乗った感じ、人ごみ....などなど。
先輩たちの印象も感じ取れると思うので^^

2582998.jpg

さてさて、高校に入ってもお弁当は続きますね。
まして、あすかも中学生になりますので
ダブルのお弁当になります。
ここは、おかあちゃん
「がんばりすぎない お弁当」です(笑)
手作りもするけれど、冷凍食品も使って^^
朝の時間を少しでもゆっくり。

無理をして頑張りすぎちゃうと
ふとした瞬間に
「こんなにがんばっているのに....」
「あなたのために....」
って怒りが違う方向に向いちゃうことも。
自分がそうやりたくて(自分で決めて)やっているのに
思いが届かないことでイライラしちゃうこと.......ありますよね(苦笑)

だから、がんばりすぎない。
やるときはやる。
いいかげんで続ける。
そんなお弁当作りです。
でも、「おかあちゃん!おいしかったよ~」
なんて空っぽのお弁当がかえってくると、「よし!今度は♫」なんて張り切る
単純なおかあちゃんでありました。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2 Comments

郁の母 says..."No title"
こんにちは(*^。^*)

確かに「通学時間」も志望校選びには大切な要素ですね。
3年間、毎日のことですから・・・。
うちの場合、現在6:30~40には家を出ています(通学時間約70分)。朝練があってもなくても同じ時間です。生活リズムを変えない方が、本人も家族も楽なので。朝練のないときは教室で友だちとおしゃべりや勉強しているみたいです。
正直言って、本人より、6:30までにお弁当を作り終えて持たせる母の方が大変です・・・^^;。

ちはやちゃん、高校生活のイメージがどんどん広がっているみたいでいいですね。
それも勉強するための励みになりそうですね。
2015.09.03 08:21 | URL | #- [edit]
Dear 郁の母さま♪ says..."じぇじぇじぇ\(◎o◎)/!"
懐かしいフレーズで驚く 私でございます^^
そっか!そっかーーーーーーーーー
通学時間には、もう一つ大きなおおおおお~きな落とし穴が
あったのですね(>_<)
そう、おかあちゃん時間。
その時間までお弁当を作り、食事を終えさせる.....
通学時間は大切です(笑)

郁さんのお話は、とっても参考になりますね。
きっと、ちはやも毎日同じ時間に....を選択すると思います。
そのほうがお互い楽ですものね。
でも、70分の通学時間を続けている郁さん。
それに全面協力の郁の母さんたち^^
いっぱい勉強させていただきます(0'v'0)♪

今、おとうちゃんが6時50分に家を出ているのに家族で合わせているので
もう40分ぐらい生活リズムを早めるといいのかな.....。
高校生になっていきなりではなく
受験前の朝型変換という理由のもと、その生活リズムを作っておくと
4月からもスムーズにいきそうかなって思いました。
郁の母さんの一言で、ちょっと私自身も先が見えたように思います。
ありがとう~(0'v'0)
2015.09.03 14:14 | URL | #ZhpB80kE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。