こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

無料お試しキャンペーン中

小6 あすか
次女......

よきお手本(笑)のちはやを見ているので
勉強は自分でするものだ!さあ、机にむかおう.....
という習慣は、親が言わずともついておりました^^

そんな あすか。
通信教材は6年生からタブレットに切り替えました。
どうしても、性格上(?!)教材をためてしまい、私からの声かけ必須というか
声をかければ、かけたで 逆切れのように機嫌が悪くて,,,,,,,(苦笑)
もともと、5年生の時に
「タブレットで勉強したい!これなら、続けられそう。」
と、自分から話していたんです。
でも、親として
「やっぱ、紙でしょ。」って思いがあって.....

でも、タブレットにしてから、「やったの?」のセリフはゼロ^^
自分で進んで取り組み、学校のテストにも確実に効果を発揮しております♪
6年生からでしたが、タブレットに切り替えて、あすかとしては成功でした。
でも、その勉強はあっという間におわり
少し物足りなさを感じていたようです。

そ・こ・で

さて、ただいま我が家では
<おかあちゃん先生 無料お試しキャンペーン中>
が実施されております(笑)

あすかが
「ねーねみたいに、あすかも勉強してみたい。」
と、なんちゃって家庭教師おかあちゃんにラブコール。

「じゃあ、1日60分 無料お試しね♪」
と、一緒にお勉強。
教えるのではなく.....ちはや同様......圧力をおかけします(爆)
問い詰型
迫りくる型学習法(なんのこっちゃ^^)

初回は、いろいろな図形の面積の問題。
6年生なので円バージョン。
① 問題を読む
②何をこたえるのか、わかっていることは何か、用語などを確認(質問攻め)・説明する(あすかが)
③立式して計算する。
④少し遅れて、おかあちゃんがカリカリ計算する(笑)
⑤二人の答えを発表する
⑥答えは、見ずに互いの答えが一緒ならクリアー(最後に〇付けします)

この④が曲者(笑)
まだまだ、あすかには負けませんよ~。
ちはやも、これがちょっと苦手というか、今では
「おかあちゃんが、解こうか?」
っていうと問題を隠しちゃうほど^^
ある意味、目の前にライバル出現って感じです。
なぜか、おかあちゃんには負けたくない...って思うらしいですよ(0'v'0)

答えがお互い違うと
⑦どうやってその答えを導き出したのかを説明する
相手を納得させる説明が必要です。
もちろん、説明中に計算ミスに気づくことも。
どこで間違えたのか、どんな考え方があるのか.....見直しにつながります。

あっという間の60分。

「なんか、あっという間。楽しかった!ずっと登録する!!」
と、やるき満々のあすか。
しかし!!!

「申し訳ございません。当社のお試し無料キャンペーンは10日間となっております。
その10日間をやり終えた方のみ、正式登録とさせていただきます。

無料お試しを続けられますか?」

「やる~(0'v'0)♪」

ついつい、中3 ちはやに勉強面では目が行ってしまいますが
ちはやを見ていると、小6でしっかり「説明する力」「考える力」「発想・ひらめき力」を
身につけていたら....と感じる事が多いのです。
楽しみながら、少しずつ、中学への準備ができたらなって思います。

1時間は、あすかタイム。
お勉強だけど「おかあちゃんを独り占め」できちゃう特典付き。
この時ばかりは、洗濯機が「洗い終わったよ~ピーピー」となっても
ちはやの「おかあちゃんコール」がかかっても
あすかから離れません(笑)

さて、無事10日間 がんばれるかな~。

お勉強は楽しみながら....進められたらいいね♪あすか!!

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
無料お試しキャンペーン中(笑)


スポンサーサイト

2 Comments

なんちゃって says..."No title"
おかあちゃん、スゴイなぁ~。娘に教えようと思っても、ウチだとケンカになるんだよねぇ~(汗) 国語くらいかな?多少、聞いてはくれるけど・・・やっぱり、ケンカだよなぁ~。どこかで何かを間違ったか(笑)

あすかちゃん、おかあちゃんを独り占め時間が、また、嬉しいんだろうね。姉妹って、いいねぇ~♪
2015.09.16 08:38 | URL | #- [edit]
Dear なんちゃってさま♪ says..."実はね..."
うふふっ。教えてないんですよ!ただただ、なんで?どういうこと?
と、教えてもらっている状況です(笑)まあ、計算はせめていますけれどもね^^

実は、我が家の娘たち、「教え込まれる(親に)」のが嫌なようで....
それは、今だからではなく。3歳ぐらいから(爆)
色に興味を持ち始めたころ、「みどり」「あお」って教えようとしたの。
そしたら、「はっぱいろ」「そらのいろ」ってその言葉を使わなかったんです。
トイレトレーニングも一緒で、教えようとしたら
「ずっとオムツでいる!」って....ちはやは年少さんになっても紙パン(>_<)
でもね、一度、
「紙パンじゃなくても大丈夫だけど、紙パンでいるの!」っていうから
「じゃあ、お姉さんパンツで過ごしてごらんよ。」と、おかあちゃん。
その日一日、一度も濡らすことなく過ごしたんです(苦笑)
次の日?どうなったかって??また紙パンに戻りましたよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
それからかな、本人におまかせの我が家です。
で、お姉さんパンツへの切り替えは、プレ幼稚園の先生が
「ちはやちゃんは、お姉さんパンツで大丈夫かな。明日から持っておいで^^」
の一言でした。我が家は、先生の言うことは100%OKなのでした。
だから、世のお母さん方の悩みのトイレトレーニング。
ちはやも、あすかもやっていないんです(^_^.)
いつの間にか...というか先生方にとって頂いた....って感じです。

我が子には感情的になってしまうものです。
私も、教えようと思ったら、「なんで!」って思うだろうし
娘たちも、教え込まれることが嫌なので、めちゃくちゃ不機嫌になりそうです。
きっと、どこも同じなのかもしれませんね。
2015.09.16 19:53 | URL | #ZhpB80kE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。