こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

体育!どう選択すると..

ちはやにとって体育は、時に頭を悩ませるもの。
学年中が、ちはやは体育が........ということを周知している現状
もちろん、常に精一杯がんばってるし、体育好きなんですよ^^

最近は、
どう選択すべきか
と頭を抱えているようです(苦笑)

3年生になって、体育の種目が選択できるようになったのですが。。。。。。
でも、なったがゆえに、悩みも増えたようで.......

体育祭の後
体育は、バレーボール→バスケットボールと進みました。
ここは、みんな共通種目。
そののち......
体育の種目に「選択肢」が登場。

最初に、生徒の意見を反映するためにアンケートが!!
Q、次の3つから、やりたい競技を1つ選びなさい。
水泳 ・ 陸上 ・ 器械体操
このアンケートをまとめると
陸上・器械体操に決定。水泳は、ほとんどいなかったそうです(^_^.)

つい先日まで、ちはやはマット運動に必死でした。
これは、器械体操グループ選択~
跳び箱 or  マット
この選択肢では「マット」を選んだようです。
この時の、選び基準は
「練習すればなんとかできる」「できない(無理~~~」だったのです。
跳び箱を選ぶと、テスト演技に切りかえし系と回転系を必要としたこと。
ちはやにしたら、「体操選手か!!!」と突っ込みたくなる技のオンパレード。
跳び箱に飛び乗るだけでも大変なのに、さらにその上で回転するなんて.....。
マットは、倒立前転と側方倒立回転ができれば(ほかにも大技はあります)
なんとか演目クリアーできそうなので.....マットでした。

今回は、7/10 
「7点取れた~」と精一杯実力を出し切ったようです(笑)

line28.gif
<おかあちゃんのつぶやき>
ちはや、先天性股関節脱臼を持っているので
少し器械体操系は、ドキドキだったりするのです。
今度はずれたら、手術...って言われているので(>_<)
でも、今は、落ち着いていて運動制限も生活制限もありません。
でも、無理は禁物な状態なのは確かなのであります。

line28.gif

さて、次にまた選択肢が目の前に。
今度は、陸上グループ選択~
選択1:高跳び or 幅跳び
選択2:持久走 or 短距離 or ハードル 
選択1と選択2より、1種目ずつ選ばなくてはいけません。

今回の、選び基準は、「評価の基準と自分の記録を照らし合わせて」作戦(笑)

話によると
A評価・B評価・C評価基準があるらしく、そのクリアー数値が出ているらしい。
こうなると、ちはや 消去法発令^^

選択1
幅跳びは、
「ちはやちゃん、とぶんだよ?」
と過去に言われたようで。。。。
「とんだのですが....私」と心の声(苦笑) 
ということで高跳び。
こちらは、昨年の記録が、ぎりぎりA評価に入っているようで....
背が伸びた分、とぶ高さも体重もUPするけれど、がんばってみるそうです^^

選択2
持久走は、どう考えても ない
短距離は、A評価がとても(はるかに)届かないタイム
ハードルは、今までの記録からあと一歩で届きそうなタイム。
ということでハードル

ちょっと今回は、評価も意識して.....もがいてみるそうです(苦笑)
評価がすべてではないけれども、
やれるだけやってみる!苦手な体育でもやればできる!!と目を輝かせています。

おとうちゃんもおかあちゃんも 体育会系ではないので
娘たちにもしっかり.....(苦笑)
すまぬ...娘たち(爆)

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2 Comments

郁の母 says..."No title"
こんにちは(*^。^*)

うちの郁もちはやちゃんと一緒です(いや、たぶんちはやちゃん以下です)。
体育の担当教員および学年中に、郁は体育が・・・ということが周知されています。本人は、それでも常に精一杯やっているのですが・・・。
幅跳びで、頭から砂に突っ込んで砂だらけになったり、短距離走よりハードル走の方が速いというおかしな記録を作ったり・・・と、いつも、先生たちの予測の斜め上をいっている郁です(先生の予想を超える失敗をするということらしい・・・)。

「体育」の種目選択ができるって、大学みたいでいいですね。水泳は選択者が少なければ開講されないってことになるのですか?
成績基準が明確なことも、いいですね。目標が具体的に見えて選択の基準なるので・・・。郁だったらどうするかなあ・・・?

郁たちは学年をいくつかに分けてグループごとの種目ローテーションで1年間が回っています。現在は、器械体操やっています。先日、マット運動の発表会があったので、次は跳び箱みたいです。すでに先生から郁には「6段以上は絶対に飛ぶな。」とのお達しが出たとか・・・。技術がないのに怖いもの知らずで何でも挑戦しちゃうので、先にストップがかかったようです(何段までにするか、先生方も悩まれたらしい・・・)。ありがたいご配慮に感謝です・・・(T_T)。評価も大切だけど、まずはけがをしないことが一番。
ちはやちゃんもけがに気を付けて、目標目指して頑張ってくださいね。
2015.09.19 18:16 | URL | #- [edit]
Dear 郁の母さま♪ says..."似てる!似てる^^"
お互い体育でいろんな意味で有名人さんですね^^
こんなに印象が残るって...って複雑な気持ちですが....助かっています(笑)

短距離とハードル伝説。
ちはやも変わらないの(笑)
そのまま走っても、ハードルが置かれても、タイムは一緒っていう。。。。
「なんで????」ってみんなに言われたそうです。
きっと、一生懸命な姿だからより印象的なのかもしれませんね。

水泳学習。
3年時はやっていません(みんな選択しなかったので(^_^.))
1・2年時は、必須課題だったので、しっかり泳いでおりますよ。
どうしても女子は「見学」せざるを得ない状況があるので
毎年、受講希望者は少ないようです。その配慮もあり???

そうそう、評価よりも怪我をしないこと最優先。
でもね、ちはやは....
石橋をたたいて渡るタイプ。というより、たたきすぎて渡れないタイプ(苦笑)
郁ちゃんは、「ともかくやってみる!チャレンジ!」さんなんだね。
ちはやは、「これは、危なそう....ちょっと怖くて無理かな~」さんなんです。
自分で限界を決めちゃうの?と言われちゃうかもしれないけれど
出来る範囲で、より「美しく」「基礎を完璧に」タイプのようです。

先生との関係も...くふふ。
いい雰囲気だなって....お互い体育^^楽しもうね。


2015.09.20 08:29 | URL | #ZhpB80kE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。