こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

コクハク

♫MUSIC更新♪
Ave verum corpus
吹奏楽部にて....心を1つに合わせるために


「みなさんは、変わりたいと思ったことはありませんか?」

ちはやの弁論原稿の最初の1文です。
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

一回目に先生に持っていくと
「これでは、なんだか伝わらないぞ。」
「でも、もし詳しく書いたら....なんて思われるか。」
「そこなんだよな、ちはやは。」
そんな会話がなされたそうです。

ちはやの心の中にある、思い
ずっとざわめいていた思い

『コクハク』

ちはやは、自分の気持ちに素直になって
自分をさらけ出す....
勇気をふりしぼりました。

「苦手なタイプ」を作っていた自分の心について.....

傷つきたくない
悪く思われたくない
嫌われたくない......
みんなの描くイメージをくずしたくない

いつだって、相手を思いやっての思いや行動だった。
それも、本当の私。
でも、
実は、それは自分を守るためだったのかも....って気づいたこと。
ちゃんと向き合ってくれている友達に対しても
自分の気持ちは、うやむやにして、ちゃんと思いを伝えていなかったこと。
相手の気持ちを考えて、言葉を選んでいたから。


本当は、声をかけてみたかった
その輪の中に、ちょこんと入ってみたかった....
でも、怖かった
自分が入ることで 空気が重くなったら
気まずい時間がながれたら
話題についていけなくって、みんなに気を使わせるかもしれない
強い言葉で何か言われたら、どうしようかな.....そんな思いも。

苦手なタイプという言葉は
自分を守るための見えない壁だった。


そんな気持ちに気づかせてくれたのは
しのぶちゃんもそうだけど、
みんな、ちはやにとって「苦手なタイプ」だった友だち。
いろんな場面でかかわることで、気づくことがいっぱいだったそうです。
体育祭で、授業中に、休み時間に.....
ちゃんと自分を見ていてくれたこと
きつい言葉と感じていたものの、本当の意味(気持ち)
自分だけが、目を伏せていたんだなって....こと。


4月になったら、まったく知らない世界に飛び込んでいきます。
自分の心の中のざわめきをこのままにしておきたくない。
ちゃんとみんなと向き合いたい。
いろんな気持ちを持っているありのままの自分で......。

その勇気を後押ししてくれたのは
いつもそばで笑顔で話しかけてくれる仲間。
時には、厳しく意見されちゃうけれど、あったかい気持ちがつまっているから。
ここが私の居場所って思えたから。

1年生の頃は、いっぱい涙をこぼしました。
2年生になって、少しずつわかってもらえました。
そして、3年生は、ちゃんとクラスがちはやの居場所になっています。
だからこそ.......
ここで言わなかったら、変わることはできない.....
そんな思いがつまった弁論でした。

でも、読むのが怖かったそうです。
一瞬にして、みんなの見る目が変わってしまったら.....
でも、クラスのみんななら大丈夫....
いろんな気持ちが渦巻いたそうです。

でもね、いつもと一緒だったそうです。
というより、なんだかゆったりとした空気を感じるそうです。
男の子が、声をかけてくれるようになって
「これって、モテ期かも(0'v'0)♪」
なんて勘違いモードのちはや(爆)
男子にちゃん付けで呼ばれることも、うれしいようです^^
ようやく人並み....なんですけどね。

さらに学年まで進みましたので....^^
同じ学年のみんなに『コクハク』できたようです。

もちろん、すぐに変わることはできません。
それから、真面目なのも優しいのも、考えすぎちゃうのも....
相手の気持ちを考えて行動できるのも、そのまんまのちはやです。
めちゃくちゃ長所です
でも、自分の気持ちは、一生懸命伝えているそうです。
「苦手なタイプ」の壁も、崩れ始めているそうです。
「何やってんの(-"-)はやくいくよ!!!」
って一言に、思わずスキップだったそうです(笑)

小さな小さな成長。
心から笑顔で残りの中学校生活を送れるといいね。

line3.gif

先日、Nコンの中学生の部の課題曲で
SEKAI NO OWARIさんの『プレゼント』を聴きました。
その瞬間に
ちはやの気持ちがそのままの歌詞に.....
Nコン中学校の部の課題曲を聴いてみてください♪⇒Nコン

心に生まれた違和感を 大切にしてみよう。
その違いって”個性”なのかもしれない。
相手を知るためのプレゼント(違和感)なのかも。

そんな風にちはやをみて思いました。


にほんブログ村

スポンサーサイト

4 Comments

にゃごまま says..."ココロの声"
出だしの一文から、勝手に内容を想像して、
勝手に感動して、勝手に涙するにゃごままです。
ちはやちゃんのココロの声がそのまま表れた、
温かい熱い弁論になったことでしょう。

誰もがココロに思っている、そんなことなのかもしれませんね。

弁論が、自分から歩み寄るきっかけになったのかな。
みんなと今まで以上に近くなれて、嬉しいね、よかったね☆

真面目で、まっすぐなちはやちゃん。
とっても素敵です(^^)
そのまま大きくなってね。
2015.10.17 23:09 | URL | #- [edit]
でんでん says..."ちはやちゃん、がんばったね!"
ちはやちゃん、お疲れ様でした。
ちはやちゃんの3年間の成長と長女の成長が重なって
涙、涙です。自分の気持ちを伝える事ができてよかった。
お友達もきっと同じ思い、だから変わらず、それ以上に
ちはやちゃんに親近感をもっただろうね。自分も同じってね。

人との距離感って難しい。でも心が柔らかい今だからこそ
たくさん考えてぶつかって涙して・・・・それで大人になれればいい。
今ね、ぶつからずにそのまま大人になってしまう人も多いから。
思春期は傷つき傷つけられ、大変な時期だけど・・・・
それは誰もが自分探しにもがいているから。

自分をありのままの自分として受け止められたら
何も怖くないね。ちはやちゃんの周りには、そのまんまを
受け止めてくれるお友達がたくさんだから。

きっときっと・・・羨ましいって思っているお友達も増えたよ。
自分らしくいられていいなぁってね♪
行事が一つ一つ終わって、さみしくなるけど
一生のうちで今しかない残りの中学生活、楽しんでね♪
2015.10.18 07:23 | URL | #FvLIUmYM [edit]
Dear にゃごままさま♪ says..."ありがとう(0'v'0)♪"
「話せてよかった....」
勇気を振り絞った弁論でしたが、あたたかな拍手をうけ
そして、お友だちにも自分から声をかけはじめ
友だちもまた、すこし壁のなくなった(笑)ちはやに
声をかけてくれるようです。
「私って、ものすごいイメージだったみたい(-"-)」
友だちと話すと、どうも自分とは似ても似つかない「ちはや像」が出てきて
大笑いだったそうです。
お友だちとの、様子もまた日記にUPしますね。

だれもが心にあるもの。
でも、あえて外には発信しないことを
ちはやなりの言葉で伝えたようです。
素直な気持ちは、みんなにすとんと伝わったようです。よかった......。
でもね、一番は、「言ってみよう」と思える環境だったってこと。
クラスのみんなに「ありがとう」を伝えたいです。

今、とっても楽しいそうです。
この中学校で本当によかった....親としてそう思います(0'v'0)♪

2015.10.22 19:22 | URL | #ZhpB80kE [edit]
Dear でんでんさま♪ says..."みんな らしく"
うんうん。
長女ちゃんの成長も、長女ちゃんの涙も
我が家の事のように気持ちが重なって、胸が熱くなります。
わかる分、うまく言葉がみつからなくなって.....
でも、我が子のように一緒に考えちゃいますよ。

ちはやは、じぶんらしさをしっかり通せたようです。
ドキドキしたようですが、クラスのみんなも、学年のみんなも
「ちはや」をそのまんま受け止めてくれたようです。
もちろん、3年間変わらずに、ぶれずにきた、ちはや自身のがんばりもありますが
でんでんさんが話してくれたように
たくさん考えてぶつかって涙して、いろんな人の考えに触れて
相手を認めて、自分の気持ちを伝えて....
うまくいかないこと、納得いかないこと、など1つ1つをお互いに解決して....
そんな時間がとっても大切なんだよね。
傷つきたくない....できれば....なんて親は思ってしまうけれども
いまだからこそ、いろんな経験ができたこと仲間がいてくれたことが
本当によかったなって思います。

なんかね、クラスでもそれぞれに思いを語っているようです。
クラスの雰囲気も「優しく感じる」と話しています。
今まで、あまり聞かなかったお友だちの名前も飛び出し
おかあちゃんは、そのお友だちの名前にニコニコして
小学校に入学したころの気分ですよ(笑)

のこりの時間、友達との時間
大切にすごしてほしいです(0'v'0)
ありがとう。
2015.10.22 19:31 | URL | #ZhpB80kE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。