こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

せーのdeジャンプ

「みんながんばれ!!!」

絶叫のおかあちゃん現る(爆)
ビデオ撮りながら叫ぶので、画面が揺れる揺れる(^_^.)

この日は、あすかの地域別運動会。
近隣の小学校(6~7校)の6年生が集まって、運動会を開催します。

あすかは、
5分間 八の字とび(跳びて)と、
5分間 10人とび(まわして)でした。

8の字跳びの練習は、鬼のような練習だったようです(あすか印象より)
「なんで、先生はあんなことを言うんだろう。」
「もっと、ゆっくりすれば、みんなできるのに」
あすかなりに思いはあるのですが、先生は揺るがず.....
跳べなくって、入れなくって.....
でもね、日に日に、うれしかったことやうまくできたこと
友だちのことがあふれるようになりました。

最初の記録は、「28回」からのスタート
いつしか、『今日、400回とべたんだよ(0'v'0)』
と、記録を伸ばしていきました。

鬼のような先生に対抗できるのは
クラスのみんなが支え合い、励まし合い、息を合わせる事
ひっかかった友達にどう声をかけるか
できるようになった友だちへの喜び
気づくと、クラス一丸になって、縄を回し、スピードUpされた
縄の中に飛び込んでいったようです。

あすかは、10人とびの回し手なので、練習したいのですが
どうしても8の字跳びに集中してなかなかできずに焦っていました。

それでも、
「せーの1 ドンマイ。もう一回いくよ。
せーの 1   大丈夫、息を合わせて、せーの 1.....
ずっと、1しか数えられないの(>_<)」
なんて話も....

どうやったら回して二人の呼吸があい、10人の息が合うか
みんなで考えたそうです。
回すあすかは、全身でスクワット状態。
なので、日々筋肉痛で、「いてててっ、いててててっ」が口癖のように.....。

そんな話を聞いていたので
実際に、8の字跳びをしている姿をみると叫ばずにいられませんでした(笑)
長縄をまわしているのですが、
まるで、一人縄跳び状態。
大きな体の6年生が、小さなトンネルを抜けているような光景
カウントも早く
回っている縄さえも見えない状態......
体を丸くして、回転をくわえながら跳んでいます。

「よく入れるよね,,,,,(>_<)」
みているお母さん同士でびっくりでした。
最初28回だった あすかのクラス。
流れるように、とび続けます。
鬼のような先生は、瞳をうるませながら見守って、笑顔全開でした。
できる!って信じてくださっていたようです。

時に厳しく、何かに打ち込む
6年生として、とっても貴重な経験だったなって思います。
何度も何度も......


10人跳びでは、あすかの声が響きます。
エールを送りながら、カウント
しっかり、1・2・3・4と増えています。
ひっかかってもあわてず、体制を整えて、「せーの」
全身の力を振り絞って回していました。
いつもとは違う、あすかの姿に、胸が......

何よりも、校庭にならぶ あすかの横顔が
「こんなにお姉さんだったっけ....」って感じたおかあちゃんでした。
6年生なんだな~~。
友だちとじゃれたり
めちゃくちゃ興奮して応援したり
いろんな表情のあすかにあえて うれしかったです。

「おかあちゃん、声が......」
大きな声を出しすぎて、声がかれておりました。
でも、やり終えたあすかの表情は、キラキラ輝いていました(0'v'0)♪

他には、勝ち抜き綱引きや玉入れ、リレーなど盛りだくさんでしたよ。
綱引き男子の決勝は、あすか小Aチーム対あすか小Cチームでしたよ!!
女子チームも、準決勝まで勝ち進み大活躍でした。
みんな おつかれさまでした(0'v'0)


にほんブログ村

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。