こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

正解を証明せよ

bL4okpkJa.png 
  「かわいいって言わないでよ!怖いでしょ。」
 
 いえいえ
 なぜか あすかの作るもの描くものは
 かわいくなるようです(笑)

 ちょっとおくれたけど 
 家族勢揃いの日曜日
 あすかが かぼちゃ巾着をつくってくれました^^
 
 甘さ控えめで素材の味を優先♪
 みんなも笑顔になりましたとさ


さて、「正解を証明せよ」って 自分でも書いて?って感じですが
昨日、あすかが計算ドリルをしているとき
ふっと、この言葉が頭に浮かんだので素直に書いております(苦笑)

宿題で計算ドリル(分数の計算)が出ていました。
学校で習った通りに、あすかは計算を進めます。
そして、答えを解き終わった後、次へは進ますノートをにらめっこ。
首をかしげては、ドリルを見なおして....何やら計算して....

そして、一言
「こんな答えってないよね。絶対何かできそう。特に約分。」
その一言から、再びノートとにらめっこ。

その問題は
  8/9 - 0.418
= 8/9 - 418/1000
= 8/9 - 209/500
= 4000/4500 - 1881/4500
= 2119/4500

この、2119/4500の答えをみて
「こんな数字の答えってありなの?何か違っているんじゃ...」
と、思ったようです。確かにそれまでは、スマートな答えでしたからね。

数回計算しても同じ答えにたどり着いた あすか。
でも、どうしても納得いかず にらめっこ。

その時、もうこれは約分できないという
「正解を証明」できたら、自分で納得できるかな?と考えました。
と、いってもそれは自分で「これでいいんだ」と思う材料の一つとして。

あすかに
「約分できる可能性を消していこう。約分の約束から考えてみて。」
「偶数同士は、必ず2で約分できるよ。」
2119と4500は、奇数と偶数  2で割り切れる可能性はない。
「4500は、9の段で考えると、3か5か9 あと2で割り切れるでしょ。
でも2119は、どれでも割り切れない。」
となると、割り切れない可能性がぐっとアップ。
「あれ?19って1とその数でしか割れない数だよね。
それも関係するのかな~。」
と、自分なりにいろいろ考えていました。

最終的には、ドリルの答えを確認。

8/9 - 0.418 = 2119/4500  でした。

正解で、OKなのですが
「正解を証明」できる力って大切なのかなって思います。
相手を納得させる説明力。
考えることで、約分の約束や理解を確認できるし
今後、迷った時に自分の判断材料にも使えるように思います。

間違えることや迷うことって
自分がもっと吸収できるチャンスだよね~といつも話しています。

間違って終わりではなく
「なぜ・どこを間違ったのか?」
「なんでその答えを出してしまったのか?」
を説明してもらいます。
計算ミス・問題の読み違い・理解不足・公式の使い間違い。。。。
自分の間違いを、説明して、正しい答えを解説する。
日々、その繰り返し。

それと、
「迷った問題=わかっていない」
ってことだよ!と話しています。
2つの答えで「どっちかなんだよな~」とつぶやいているときは
「間違った問題とおんなじチェックをつけといてね。」
と、話します。
なんとなくで正解してしまうと、それは本当の力ではないもんね...
と、あすかにも ちはやにも話しています。
1つ1つ確実に。

さて、そんな あすかさん♪
今日は、おとうちゃんとアスレチックデートに出かけております^^
いっぱい楽しんでおいでね~。

えっ。おかあちゃんですか?
中間テスト勉強にいそしんでおります ちはやさんとともにおります(笑)

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

4 Comments

のんのん says..."はじめまして"
こんにちは。
はじめまして。

マミマミさんのブログコメントからお邪魔させていただきました。
同級生のお嬢様がいらっしゃるというので参考にさせていただきたくて…。
みなさん熱心に苦手な単元など見てあげていらっしゃって
ほんと見習わないと…と改めて思いました。

二学期制はそろそろ中間テストなんですね〜。
数学…ちはやちゃんと同じくわが娘も踏ん張りどころなんです。

ちはやちゃん。かわいいお名前ですよね〜❗️
ちはやふるという漫画を読んでいたので、
とっても親近感わきます〜‧˚₊*̥(* ⁰̷̴͈꒨⁰̷̴͈)‧˚₊*̥


では、またお邪魔させていただきますね!
2014.11.03 14:31 | URL | #- [edit]
郁の母 says...""
こんにちは(*^。^*)

ドリルとしては、なかなかすごい問題ですねぇ・・・。
確かに「こんな答えあり???」って疑いたくなります。でも、ステップを踏みながら自分で正解を証明できると納得できますね。
そういえば、娘の1学期の中間テストで、連立方程式の問題に、「解なし」が正解という問題があって、その解答で本当にいいのか、自分の計算ミスではないかと相当な悩んだそうです。疑わしいと思える解答も、自信を持って答えられるようになるためには「正解を証明する」力が大切なのですね。なかなかそこまで丁寧にやるのは難しいです・・・。

ちはやちゃんはもうすぐ中間テストですね。
頑張ってください。応援しています(^^)v
2014.11.03 16:37 | URL | #- [edit]
Dear のんのんさん♪ says..."はじめまして^^"
のんのんさん!はじめまして。
こうしてお話しできる事、とてもうれしく思います。
我が家は、母娘ともにマイペースなので、どこかのほほんとした
勉強法になっています((^_^;)
正直、ひそかに焦っている部分も多いのですが、今を大切に過ごしています。
のんのんさんの娘さんも数学が踏ん張りどころなんですね。
ちはやは、知識・技能は◎なのですが、計算のスピード・応用問題の立式が課題です。
担任の先生が、数学担当なので、ほどよいプレッシャーもかけられ
必死に学習中です(笑)
自分にあった勉強法。お互いに見つかるといいですよね~。模索中です。

「ちはやふる」
実は、我が家も全巻そろっております^^
テレビ版もしっかり観ています(笑)
これからも、ちはやともどもよろしくお願いします(0'v'0)
私も、遊びにうかがいますね♪
2014.11.03 19:27 | URL | #ZhpB80kE [edit]
Dear 郁の母さん♪ says..."そんな問題が!!"
いつもありがとうございます^^

えっ@@ 解のない問題が出るとは!!
きっと、ちはやは「ありえない解」をむりくり作り上げそうです(苦笑)
以前、「正しいものには〇をつけましょう。」系の問題で、
全部が〇になり....絶対ちがうとにらめっこ。
そんなはずは...と×を作ったようで。
結局、みんな〇が正解で(^_^;) そこで正解の証明が必要でした。
と、いいつつたまたま「?」な答えの表記だったことで立ち止まるだけで
うっかりミスや計算ミス、読み違えは....何気なくスルーしてしまっているのも事実。
「検算・見直し」って言うけど、
実際のテストは最後の問題までたどり着くのが必死な ちはやです。
丁寧に...と思いつつも難しさを感じています。

中間テスト。今の所前向きに勉強中。
郁さんのように「わくわくして待っていて!」のセリフが聞けたらな~。
応援!ちはやに届けますね。ありがとう。


2014.11.03 21:26 | URL | #ZhpB80kE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。