こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

苦しさの先に響け!!

に響く音色に.....

昨日、
中1吹奏楽部クラリネットパート あすかの公開練習に行きました。

4月に顧問の先生が変わり
部活内に大きな大きなうねりが起こりました。
あすかたち1年生は、ここがスタートなので
「こんな感じなんだ....」と前向きでしたが
先輩たちにとっては、今までの伝統ややってきたものを全否定されたような状態で.....
ほのぼの吹奏楽部からの変革が始まった.....。

今まで、金賞に導いてこられた先生なので
話す言葉も厳しさも計り知れなく....
保護者の私たちも、気軽に覗きに....なんてできないほど。
部内のピリピリも相当だったようです。
不満も爆発しそうな状態だったようです。

先輩方のお母さんたちは必死に過ごしていたんだろうな....と
想像されます。

以前にも書きましたが先輩方は、
1年生が入ったら、こうしよう、あーしよう...
とそれぞれに考えていたんだと思います。
でも、何もできず.....

基礎からすべてやり直し
聞いたことがなかった用語に戸惑う
ダメ出しの嵐

そんな中、今日を迎えたようです。

1年生も、ちはやの頃とは違い
先輩と同じ部屋には立ち入れず
ひたすらに音階練習、ロングトーン
2か月は、1つ1つに合格しなければ次に進めず。
すべての楽器が一部屋にまとまり
いろんな音を聴きながらの練習でした。

でも、確実に音が安定してきていることが分かりました。
ともかく基礎練習の徹底でした。
先輩と同じ部屋で練習する......それが最初の目標でした。

楽譜を手にしたのは6月に入って....
先輩と一緒の緊張とときめき....
先輩方も、1年生に必死に指導してくださって....
横のつながりはとても強くなりました。
先輩の音に近づくように、絶対に邪魔をしたくない....だから....。

一緒に帰宅したり、途中でおしゃべりをしたり.....

きっと、みんな音の変化は感じていたはずです。
時々耳にする私だって感じたのですから。

おうちの方も、不安にあふれていたと思います。
子どもたちの口からこぼれる言葉に.....

公開練習にはたくさんの保護者の方が....
去年までは、パラパラだったのですが....
きっといろんな思いを抱えての参加だったと思います。

しかし、体育館に響いた吹奏楽の音色に
鳥肌が立ちました。
確実に、今までとは違う....
だれもがそう感じたと思います。
そばで、聴いていた ちはやも
「やばい....」
思わずそんな言葉が漏れたほど......

必死に練習して、だめだしされて
ぎりぎりの状態で頑張ってきた部員。
きっと心もボロボロだった時期があったはずです。
それでも、今、奏でられている音は、私たちに突き刺さりました。
もちろん、今の顧問の先生の部活方針がすべて正しいか....
と言われれば、全員が「うなずける」とは言えません。
それでも、必死に食らいついて頑張っている子どもたちが目の前にいるのだから
私たちは、今を精一杯応援して、顧問の先生を信頼しバックアップすることが
一番、子どもたちの音につながるんじゃないかなって思います。

まあ、1年生で、日々楽しい~と飛び跳ねている娘を見てきた私なので
その大変さは計り知れず......

でも、あすかが言ってました。
「もっとうまくならなきゃだめ!ってみんな言ってる。
私も、もっともっと練習する!」

「あすかさん、○小節から△小節まで、吹かないで!」
演奏箇所が削られることもしばしば....
というか、昨日もひそかに削られたようで.....

クラリネットを立てて待っているあすか
唇をかみしめて、悔しそうな表情。
でも、自分でも先輩の音とずれていることを感じていた様子。
練習不足は否めません。
でも、休憩中....おそらく削られ小節,,,,,,を吹いていました。
少人数の吹奏楽部、一人の音がすべてにかかわってきます。

通すごとに、パートごとの話し合いがもたれます。
あすかの頭をポンポンと、二人の先輩が.....
きっと、頑張れるはずです。

社会に出たとき、いろんな環境の変化や、いろんな上司がいて
いろんな同期がいて、いろんな先輩がいて
そんなの一つも選ぶことができません。
その中で、どう考えどう取り組むか....
とっても大切な経験になっているのかもしれませんね。

コンクールまであと少し!
がんばれ!あすか中。
めざせ!銀賞!!!




コンクール参加を見送った ちはや高
顧問の先生からの依頼で
「パーカッション運びのお手伝いをお願いしたいと.....」

ちはやをはじめ、
吹奏楽は続けているけれどコンクールに参加していない高校。
吹奏楽部自体が動いていない高校.....に進学した卒業生が多く.....
それでも、吹奏楽部(後輩)とのつながりが大切で....

急なお願いでしたが
8名が集結。
新顧問の先生ともつながれて、よかった。
昨日、パーカッション運搬講習会にも参加して
久しぶりに同窓会のよう....
みんな変わらずの笑顔でした。
ミーティングで、後輩たちへのエールを送ることができて
よかったね。
みんなの思い!後輩たちに届け!

ひそかに、奈落で元顧問の先生との遭遇も
楽しみにしている卒業生たちです(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。