こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

失敗から学びとれ

dryf02m.jpg

 「今回は、なかなか点数が取れなかったよ(>_<)」

 ダブルテストに、自分なりの勉強法で向かったものの
 中間テストは、思うように点数がのびなかったようです。
 今までは、90点台をほぼキープしていました
 今回は、満点の美術を除いては、80点台という結果に.....。

 言い訳をすれば、
 市のテストのテスト範囲が、中1から多く出たことで、
 そちらの配分に時間をとられたこと。
 そのテストの開催日が2日しか違わなかったこと.......

 



と、言いたいのですが、今回のテストの点数に関しては
それだけではないようです。

私が、日記を書く前に、お友達の日記を読んでいて
そうなのよ!!と、共感....というかわが子の姿を重ねてしまっておりました。
本当に、「もったいないでしょ~。」ってことが、あっちこっちに。

その言い分をご紹介(苦笑)

<理科物語>

「あのね、理科はものすごく勉強したの。見た瞬間に
答えが答案用紙から浮き上がってきたんだよ。←イリュージョン
もう、書きたくて書きたくて......書いたんだ。答えを。」

そう書いてしまったのです。答案用紙から浮き上がってきた用語を。

そして、ルンルンでいたのに、もうすぐチャイムがって言う時に気づいたそうです
その時の衝撃を、こう表現していました。
「さっきまで、そんなセリフ書いてなかったよね。えっ?なんで?」

ちはやは、知っていたがゆえに、用語を直接書いたのですが
問題には、
あてはまるものを下の語群から選びなさい

と、瞬間にみた語群には、ちはやの書いた答えが
ちょこんと選ばれるのを待っていたそうです

1問2点配当×3=6点を失います。
ちはやの回答と選択肢はあっていました。ちゃんと選択肢を書いていれば
しっかり90点台をキープできたのに.....。

問題冊子と解答用紙が別々なので
ついわかった気持ちで解答用紙に行くと、確認ミスにつながるようです。

☆問題は、線を引くつもりで最後の一文字まで丁寧に読むべし。
2回は読むべし!!


当たり前のことのようですが、テストという緊張感は思いもよらない精神状態に。
テストにはいろんな魔物があらわれるようです。

<数学物語>

以前の日記に、先生に『珍解答だった』と言われた数学。

その問題は、
「ひとつの内角が130度の多角形は ないことを説明せよ。」

と、いうものでした。
家に帰って考えればできたのですが
その問題にたどり着いたときには、残り2・3分だったそうです。
まさに時間配分が課題。

ちはやには、絶対解きたい問題があり、それを攻めまくっていたそうです。
ですので

「最後の問題は、時間がなかったけど
連立方程式と証明は解けたんだよ。苦手な部分の問題を解けたの。」
と、目をキラキラ♪♪
その問題は正解しておりましたが.....

そして
他の所で、うっかり計算ミス?いや計算はあってる?
なぜ?その数字は、どこから出てきたの?
側に書いてあるひっ算(問題冊子)は、あってるのに、次の立式(解答用紙)につなげるとき
みたこともない数字が登場していて
ただただ転記ミス.....。そんな感じが2問。

国語は、敬語にやられましたね。
これは、一か所の敬語をなおすことは勉強したのですが、
数行の文章を敬語を使って書き表す問題だったようで。
なんだか、ぐちゃぐちゃになってしまったようです。

社会は、素直に勉強不足。広く浅くさらっとでは、対応できなかったようです。

英語は、日本語が課題

英語なのに日本語の読み取りが
和文を英文になおす問題ですが

「ちゃんと読んだんだよ。でも、これって過去形だったんだよね。
未来形とか現在とか...テストになるとなんだかわかんなくなるんだよね。」

過去形になっていなかったり
進行形になっていなかったり
そのミスが.......

これは、ともかく問題をいろいろ解いてみるしかないですよね。
状況を想像したり、その会話をイメージしたり....
基本的なことをもう一度しっかり確認しなくては....でした。

それでも、
失敗から学びとれ

もちろん内申にかかわるテストですが
今回のダブルテストから学ぶことは多かったですね。
いい経験になったと思います。

中1から含めて、全体を日々見ていく必要性。
法則やルール、パターンを覚えるためにも多くの問題解決に取り組むこと。
制限時間を決めて取り組む勉強も取り入れる事。

スピード・配分・問題読み取り・冷静さを自分で意識したようです。


中間テスト後に、
おとうちゃんと、とある高校受験説明会に参加した ちはや。
そこでも、いい刺激をもらってきたようです。
それは、また今度お話しします。
比較的、ローカルな地域を網羅したお話で
とってもわかりやすかったようです。

受験に対する目も少し育ったかな?

ただ、
「ねえ、おかあちゃん。ちはやの偏差値ってどのくらいなの?」
「わからない。」
「だよね。」

偏差値って.......
まず、模試を受けてみようね。

がんばろうね。ちはや!!

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村 

photograph by ミントblue

スポンサーサイト

4 Comments

マミマミ says...""
コメント見て、早速読みに来ちゃいました(^m^*)
ちはやちゃん。。。もはや、うちのひよこと精神的双子のようです~(T_T)

ひよこなんてさ、中1の初めに塾に通いだしてから、
もう毎月のように定例テストがあって、
その度にケアレスミスの嵐だったから、
少しずつ、少しずつ「単位を確認する」だの、
「正しいものを選ぶのか、間違ったものを選ぶのか確認する」だの、
肝に銘じて直してきたつもりなんだけど。。。
それでもやっぱりやらかしちゃう時もあるんですよね(ー。ー;)

ちはやちゃんも、丁度「偏差値」に興味出てきたみたいだし、
模試を受けてみるのも良さそうですよね♪
やっぱり、いっぱいテスト受けて、いっぱいミスしてるって分かると、
本人も気をつけるようになって行く気がしますもの(*^^*)
てか、気をつけるようになって行ってほしいですよね~(ToT)
2014.11.23 18:39 | URL | #- [edit]
にゃごまま says...""
ちはやちゃん、ダブルテストお疲れ様!!
中一から今までを一気に復習したんだから、相当な勉強量だったろうね。
後で考えたら分かった問題、解答方法を間違えちゃった問題、
時間があればできた問題・・・全部悔しいよね~(≧□≦;)
テストの緊張感って、ホント魔物だと思う。

すでに今後の勉強法を考えて、自分で意識できているってことは、
今回のテストはマイナスではなくてプラスだよね!
説明会に参加したり、偏差値を意識したり、
ちはやちゃんは、もう学びとって次に向かっているように見えますね!
2014.11.23 23:13 | URL | #- [edit]
Dear マミマミさま♪ says..."そうだよね~(>_<)"
ひよこちゃんと精神的双子 うんうん。
ひよこちゃんと双子なのはうれしいけど、この双子はね~(苦笑)
しっかり者!ってイメージはあるのですが
「え!?」ってところで、抜けている部分が.....。
「そこ?」って感じの失敗が多々あるんですよね。
本当に、一つ一つ「そこから?」ってくらい再確認が必要ですね。
今ならまだ間に合いますものね。

偏差値の謎に迫るべく12月に模試デビューします。
5教科を当日の試験の雰囲気のまま行ってくださるそうで
いい経験になりそうです。
県の模試なので、入試の出題傾向も汲み取ってくださっているので安心。
今、そのテスト範囲を網羅すべく頑張ってます。
また中1で学習したことと、さらりと書かれていて
その重要性を改めて実感している ちはやです。

にゃごちゃんもちはやも
失敗を力に変えて、もったいないミスを追い払おうね。
2014.11.24 20:13 | URL | #ZhpB80kE [edit]
Dear にゃごままさま♪ says..."ゆっくり成長"
いつもありがとう^^

なんだろうね。普段はできるものもテストになると...
ってところがあるのよね。
学年代表の発表や弁論は、親の方がドキドキするのに
本人は落ち着いてできちゃうところが....。
何が違うの?って聞いたら、
「やることがわかっていれば大丈夫。」
と話していました。つまり。テストも
みたことのないものを減らす=とことん問題を演習する
が ちはやを強くするのかなって思いました。

まあ、それでも「もったいないおばけ」「テストの魔物」
につかまってしまうと とほほですが....。
にゃごちゃんのように、自分の頑張りが実るように
我が家もがんばります(0'v'0)

でも、本当に今回のバブルテストで得たものは大きかったです。
何より、ちはやの意識が変わったから♪
お互い、応援団しましょうね。
2014.11.24 20:19 | URL | #ZhpB80kE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。