こはるびより

まったり ことばつづり
MENU

ぞ・なむ・や・か・こそ

photo

c8e9fa06f3291e05d6d50a6f65703c3c_s.jpg

・なむ・や・か・こそ
係助詞 
係り結びにするには、なむは、「なむ~ける」(強調)

日々、こつこつ学習継続中の 中1あすか。
年前までは、1年生の学習全体を復習していましたが
年明けより、学年末テストを意識しての家庭学習に切り替えました。

で、今やっているのが国語....それも古典
そうです!中1のお子さんをお持ちなら、ピンときませんか?
そうです。
蓬莱の玉の枝
でございます(0'v'0)
おやっ!「なつかしい~」の声も聞こえますね~(笑)
今は昔、竹取の翁というもの.....そう^^竹取物語

まずは、とことん読むことが大事。
朝勉強に、国語教科書音読が組み込まれています(0'v'0)/
何度も何度も読んで、現代語訳にしたり、ぞ・なむ・や・か・こそ
のように、1つ1つの基本の学習を定着すべく、格闘中です。

富士山の名前の由来も、この物語に記されていて
それを、先生から詳しく聞いたようで、熱く語っていました^^
ジブリで映画にもなったので
とっても身近で、イメージしやすくなりましたよね。
今回のテストは、古典・漢文・物語文・評論文(?!)と盛りだくさん。
わかっているようで、なぜか書けない(-"-;A ...アセアセ
国語の森をぐるぐる迷走しているので、
少しでも、出口までの道しるべになるような勉強法がみつかれば...と思います。
最終的には、こつこつしかない我が家ですがね(0'v'0)♪♪

さらに、
「あすかさんは、読めないし、書けないよね。」
と、先生に言い放たれてしまった英語

なんとかせねば!!!!
(信頼できる大好きな英語の先生からの、愛の鞭でございます^^
あすかのやる気スイッチを押してくださったのかな~)

どうやら、本当に、本当に苦手なようです。
嫌いではありません。さらに、一生懸命です。
日々、努力を惜しみません。
でも、書けません.....なかなか頭の中に定着できず。
あの、アルファベットがね~。

それでも、教科書の英文を書いて
「なんで、ここの動詞にSがつくのでしょうか?」
「Heだから。」
「He以外でも、Sがつくのはどんな時?」
「SheとKenとか、Theyの時。」
「じゃあ、Sがつかないのは?」
「私とあなた、一人だから。」
「じゃあ、いろいろ変身させよう。
複数形にするにも、パターンが3つあるよね~。」

と、1行に盛りだくさんで確認することがあります。

最初ね、
「私のお父さんは図書館で働いています。」
の英文があって、動詞「働く」が複数形になっています。
「なんで、ここにSがついていると思う?」
と聞くと
「だって、図書館で働いている人は、一人じゃないでしょ。いっぱいるからS」
と、にっこり(0'v'0)♪
たしかに、確かに働いている人は、複数だよね~
思わず、感心してしまった私ですよ( ゚Д゚)
いやいや~
それでも、今は、前述のように答えられるようになったので....はははっ。

ちはやも、Sの付け忘れ、外し忘れミスが多かったので
楽しみながら、1文を徹底的にあっちからもこっちからも読み解いています。
解ける喜びを、あすかに感じてほしいな~。

ちなみに、記憶力はいいほうなんです。
社会に関しては、うっかりミス1問!どうしても100点とれなくて、悔しがっているほど。
漢字も得意なんです。
でも、難敵はアルファベットの羅列のようです。
ともかくこちらも、教科書音読ですね(0'v'0)♪

数学の円錐の表面積も頑張ってます。
同じ問題を、3回解いて確実にして、次の問題に^^
ともかくやり方を体にしみこませる冬の夜です(笑)

でも、なんだか楽しそうで!よかったです。

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ


追記
先日、古典で、助詞マスターになった ちはや。
もう、教えたくってうずうず。
古典をやってる、あすかの姿に、
かかわりたくってうずうずのもう一人←おとうちゃん
土曜日は、みんなで古典祭り開催とのことです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。